脱線超特急(仮)

12月4日から18日の2週間、個展のためパリに行っていました。
写真やルポ日記、描きたい人との出会いや書きたいストーリーがありすぎて全然進んでおりません。
鉄は熱いうちに打つのが好きなので、冷めやまぬうちにやりたいという衝動と、
どれから手を付けたらよいのやらという焦燥感でいっぱいの毎日を送っています。
それで、ひとまずはこの心に浮かぶ文章を書くところからやることにしました。

2年ほど前、このブログを開設すると決めたとき、自分の事をよく知ってくれているパートナーに
どのようなブログにしたら読んでいて楽しいか、相談しました。
彼女曰く、私の日ごろ話すことや文章は「説明が長く、中学生が書くポエム的要素があり少々寒い」とのこと。笑
それはさぞかし面白くないだろうなと思い、このブログでは日常で起こった楽しい話の上澄みをマンガにしてゆるくやっていこうと考えました。
しかし、ネタというものは本当にたくさん日常に落ちていて、あれも描こうこれも描こうとメモが残っていくだけで自由時間に描くことが追い付かなくなっていき、熱かった鉄は冷めていきお蔵入りになってしまうのでした。
この数年間私は表現したい事を入れる「容器」を作る努力をしました。まわりの友人からは、得意分野なのだと思われているようですが、わりと嫌々、無理やりでした。笑
私は「やりたくない事はやらない主義・やるべき事はできるだけ楽しくやりたい主義」なので、楽しそうに見えているなら何よりですが。笑

学生時代に毛嫌いして作らなかったウェブサイトや、SNS、ブログなどを始めて、
どうせ始めるならコンセプトをしっかり持ってやりたいと、各々の役回りを決めてスタートさせたのは良かったのですが、全部を同時進行するのは本当に大変です。
というわけで、先に述べたコンセプトで始めたこのブログですが、私の「説明が長く、中学生が書くポエム的要素があり少々寒い」のもOKな柔軟な容器にシフトチェンジしようと思います。
そういう恥ずかしい自分も認めていかなければいけないので。笑

パリの話をしようと思ったのに、脱線して書けませんでしたが
パリに行ってから体や脳みその変なチカラが抜けて、どこへでも飛べそうな気がしています。
その結果の一つとして、このブログのコンセプトの路線変更があります。
ブログのメインタイトル「脱線超特急」とかに変えようかな。(また寒い目で見られる)

私はたまたま、アーティストとして絵を描くという生き方をしていますが、人は誰もが表現者だと常日頃思っています。
人に言葉や手紙で想いを伝えることも、SNSで写真を投稿するのも、「自分」を表現したいからだと思っています。
普段意識していないだけで、表現することは人が生きていく上で大切な役割があるし、
表現したことによって周りの「気」が動いて良い方向へ連れて行ってもらえるので、表現を続けている限り私はどこへでも行けると思えます。

コメント