2017年12月28日木曜日

京都食べる通信1年

It has been just 1 year since I was in charge drawing front cover of Kyoto food journal.
The chief editor and me was hold end of year party. We also tasted the egg that is next motif of the magazine:)


京都食べる通信の編集長と、忘年会 兼 次号のモチーフ「たまご」を食す会でした。
編集長の家の醤油は、100年継ぎ足し続けている秘伝のタレかな?とも思える趣のあるボトルでした。笑
京都食べる通信の表紙を担当して1年。
ズラッと並べてみると感慨深いです。
いつも編集長や、食べる通信に取り上げられている農家さんの話を聞くと「良いものとは何か」と自問自答して創り上げる作業は本当に地道で、エネルギーのいる事だと感じます。
地味なものにはなかなかスポットライトが当たらない世の中ですが、着実に周りに伝わっていると信じながら来年もジワジワいきましょう、編集長!

0 件のコメント:

コメントを投稿

おてやわらかに。